土曜日は点心の日♪

点心教室まいふぁんのブログです
2017年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年01月
TOPyahooから移行した過去記事 ≫ 小籠包の包み方

小籠包の包み方

小籠包の包み方ですー☆
写真を撮ったので細かく説明しながらいきます!

ちなみに包み方は小籠包ですが、生地は饅頭の生地で具はオリジナルとなっております・・・。
でも包み方は同じだから笑。ご参考にしてください。

まず、皮を伸ばします。


皮の中心は麺棒で触らないようにして、厚みを残します。端っこはなるべく薄く。
直径7センチぐらいになるように伸ばします。

具を乗せます。


真ん中に厚みを残しているのがここで活躍します。具は皮の上に「置く」のではなく、「押し込む」ようにします。真ん中に厚みを残してあるので、押し込んでも皮が破れることはありません。
具はなるべく中心に乗せてください。端は5ミリぐらいは皮を残してくださいね。

これはダメな例です。


ポンっと置いただけ。これでは包んでいるときに具が出てきちゃいます。

包み始めます。


包み始めは、皮がたくさんあるところから始めると包みやすいです。

親指が皮の中にきます。


親指の位置を動かさないのがコツです。左手で時計回りに生地をまわし、右手の親指は動かさず、親指と人差指でグッグッとつまむだけです。

親指は位置を動かさず・・・



どうです?ひだが1箇所から出ているのわかりますか?



うんしょ



うんしょ



もう包めない!となったら・・・



親指を抜いて、今この大きい穴を小さくします。閉じちゃだめですよ!



このように小さい穴になればOKです。これは・・・文章で説明するのは難しいです・・・。



動画も撮ったので、近日中にupできればと思います~。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

じゅにまい

Author:じゅにまい
東京・名古屋・大阪で、点心教室「まいふぁん」を開催しております。
ご家庭で気軽に作ることができる、本格点心をご紹介します~☆

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ