FC2ブログ

土曜日は点心の日♪

点心教室まいふぁんのブログです
2011年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2011年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年09月
ARCHIVE ≫ 2011年09月
      
≪ 前月 |  2011年09月  | 翌月 ≫

12月10日(土)品川で小籠包の講師をします

4月にご縁があり、餃子のクラスを担当させていただいた品川区のメイプルカルチャーセンター様より
再度ご依頼をいただきまして、12月に小籠包のクラスを担当させていただくこととなりました。

お席にまだ余裕がありますので、ご興味のある方は是非いらっしゃってください。

※小籠包未経験の方が対象です


クラス名:小籠包
日時:12月10日 土曜 13:00 ~ 16:00 一日講座
費用:3,400円(材料費込)
会場:きゅりあん (大井町駅目の前)
クラス内容:皮の作り方、具の作り方はデモのみです。皮ののばし方から丁寧にお教えしますので、
      皆様には実際に15個ほど作っていただきます。
      作った小籠包はその場でお召し上がりいただくか、お持ち帰りいただきます。
      試食の際、私が作った小籠包と、甘~いデザート小籠包をお召し上がりいただきます。
      小籠包未経験の方が対象です、短い時間ですが、その間どっぷりと小籠包にひたって
      いただきます☆

詳細について、お申し込みについてはこちらをご覧くださいませ↓
http://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/menu000000200/hpg000000121.htm

【10月14日追記】
こちらのクラス、キャンセル待ちとなりました。
お申し込みありがとうございました!

【8/25点心教室 夜:饅頭】

木曜日も点心の日♪ です。

本日夜のクラスは、名古屋から通っておられる生徒さんお一人でした。
夜行バスで来て、午前、午後、夜と、ぶっ通しで習っていたのでさぞかし
お疲れだったと思いますが、集中力切れることなく、器用にお饅頭を包んで
いらっしゃいました。

今日は、チャーシューまんです。
肉まんと同じ生地ですが、包み方が違うのですよ。

中華街などで見かけるチャーシューまんは、ばかっと割れていると思います。
割れていて、中のチャーシューが見えているのが正式なスタイルだと思いますが、
この様に割れるためには、膨張剤として炭酸水素アンモニウムを入れないといけません。

これは、ベーキングパウダーや重曹などより、強力な膨張剤です。

が、文字から想像できると思いますがとってもくちゃいです。。。

中国では「臭粉」という俗名があるほどです。

ほんの微量入れて、熱を加えることでにおいも消えますが・・・。
でも、それでもこの粉は入れたくない。

入れたくないのです・・・。

ですので、点心教室では、この臭粉を入れなくても割れるよう、「包み方」で
カバーしようと試みております。

とはいえ、まだまだ試行錯誤中です、なかなか思ったようにはできません。
難しいですが、だからこそこのチャレンジ感がたまりません♪

より割れるような包み方がないか、いくつか試してみました。


右の列上下が、いつもお教えしている包み方です。
右から2番目の上下が、具の比率が少ないです。具を少なくして皮の量はそのままですね。
その隣4個は、ひだの数を少なくしてみました。通常の約半分、6つぐらいかな。
1個だけ上にあるのは、とじめをゆるーくしてみたものです。

果たしてその結果は?


ん~、ひだの数を減らしたのが一番いいかな?
ざっくり包むのがいいようです。

でも、まだまだ納得のいく域ではないので、さらに試作をしてみますね。

このぐらいで今の私には限界。。


でも、味はとってもおいしいんだよ!だから許していただきたい・・・。


こちら生徒さん作です。


たくさんできました~後日、冷凍便でご自宅へお送りさせていただきました。
1日中作っていたので、かなりの量だと思います、冷凍庫に入ったかな??

このお饅頭、中のチャーシューもすべて手作りなのでおいしいですが、やっぱり
人気は「皮」です。この皮(生地)、イースト生地とは違うおいしさがあって
じゅにまいも大好きです☆



割ってみたところです。イースト使わず、醗酵時間なしです。
プロフィール

じゅにまい

Author:じゅにまい
東京・名古屋・大阪で、点心教室「まいふぁん」を開催しております。
ご家庭で気軽に作ることができる、本格点心をご紹介します~☆

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ