FC2ブログ

土曜日は点心の日♪

点心教室まいふぁんのブログです
2011年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年07月
ARCHIVE ≫ 2011年07月
≪ 前ページ       
≪ 前月 |  2011年07月  | 翌月 ≫

番外編ですが、カニ爪餃子・・・

7/2の午後は、久々、本当に何ヶ月ぶり?間違いなく今年初!の、生徒さんがいらっしゃらなくて
休講でしたので、先生と奥様と三人で注文品のカニ爪餃子を作りました。



コロンとした形に手際よくまとめるの、至難の業です。

先生が4個作る時間で、じゅにまいがやっと1個作る、というようなペースでしたね・・・。

こちら蒸しあがり。


香りが・・・すごくいいです、おなかすく・・・。

もちろん、食べるときは爪の部分を持ってパクっと食べます。
蟹爪の身がゴロンと入っていて贅沢な点心です。

このカニ爪餃子、去年は年末最後のクラスで作って、お正月に食べていただくようお持ち帰り
いただきました。
今年も登場するかな?

【7/2点心教室 午前:水餃子】

今日も暑かった~もう節電、節電!の東京は、どこもかしこもぬるい。
冷房が効いてるところはないし、一度汗かいたら最後、もう止まりません。。。

そんな環境が日常となっているからか?例年なら暑くて暑くて死にそうな点心教室も、なんか、
フツー・・・笑。そんな暑いと感じませんよ今年は☆

さて、今日は水餃子の日です。

水餃子といえば・・・水餃子プロジェクトをそろそろ発信しないといけませんね。。
ごめんなさい、しばしお待ちくださいませ。

えと、生徒さんはお二人でした。
初めてなのに、ものすごく上手。ひだの入れ方なんてカンペキでした。

ということで、じゅにまいも少しだけお教えしつつ、自分でも包み、かつ麺棒の使い方の練習を
しました。

麺棒の使い方・・・実は先日とある方のユーチューブで、達人の技を拝見してしまったのです。
なんと、麺棒1本で、同時に皮2枚をのばしていました、しかも早っ。

これなら、2倍皮がのばせる・・・。

じゅにまいの闘争心・・・いや向上心がフツフツしました。

でも実際は全然上手にできず、丸くのびなくていびつ、しかも時間がかかる。。

慣れたら早くできるのだと思いますが、全然練習が足りません。
これは今年の課題として、じっくり取り組みたいと思いました。

さてこちら、本日の教室模様です。



生徒さん作、うーん、売り物レベル♪



スープに入れた水餃子と、揚げた水餃子をご試食いただきました。


揚げると同じものなのに印象が全く変わるので不思議です。

久々、先生以外全員女性で、ガールズトーク炸裂☆で楽しかったです。

冷たいかぼちゃのぜんざい


4月に品川のメイプルカルチャーセンターで開催した餃子のクラスでもご紹介したぜんざい。

暑いこの季節にぴったり!するするといただけちゃいます。

かぼちゃは年中手に入るので冬は冷やさずあったかいぜんざいでどうぞ。

<材料> 4人分
かぼちゃ(生で皮と種を除いたもの)200g
ココナツクリーム         200g
牛乳                75g
砂糖                40g
塩               ひとつまみ

白玉粉    95g
水      85g

※お好みで、ゆで小豆、かぼちゃの種、バニラアイスなど

<作り方>
①かぼちゃをゆでてつぶす
②鍋に牛乳と砂糖を入れて、砂糖が溶けるまで熱する
③かぼちゃとココナツクリーム、塩を入れて裏ごし、冷蔵庫で冷やす
④白玉粉に水を加えて練り、団子状にしてゆでる

白玉団子にかぼちゃぜんざいをかけ、お好みでゆで小豆やアイスを乗せてください

※③の状態で翌日まで冷蔵庫で保存できます

【6/18点心教室 午後:大根餅と春巻】

午後のクラスは大根餅と春巻です。

大根餅。
じゅにまいは大学3年生のときに台湾に行き、そのとき初めて大根餅を食べました。
白いお餅を焼いたようなものに、甘いとろっとした醤油のようなものをつけて食べたのですが
大根が入っているのか、大根餅って何なのかわからなかったですが、でもとてもおいしかった
記憶があります。

大学3年・・・もう何年前・・・・・・。

で、日本では正直点心教室で食べたのが初めてでした。
台湾で食べた大根餅もおいしかったけど、点心教室の大根餅はとにかく具沢山で大根もたっぷり
入っていて衝撃でした。

大根餅。本当に大根入ってますよ笑。

こちら、型に流して蒸しますーな、まだ液状の大根餅さんです。


なんか、具がいっぱい入っているでしょ?

蒸し時間が長いので、その間に春巻の包み方を練習します。

春巻なんて巻くだけじゃんって思うよね。

でもね、実は難しいんだよ。
いや、難しくはないんだけど・・・丸く巻くのって皆さん初めてなので驚きが大きいですね。

春巻の皮は、3つの角を切り落としてから巻きます。



同じ長さ、同じ太さで巻けたらOK! じゅにまい、もう何百本巻いたことか・・・。



試食用を揚げています。


丸いと揚げムラがないです。俵型だと、どっちかが上ばっかり向いてしまいますよね。

巻いてすぐ揚げる場合は、170℃で3分、その後180℃で2分ほどかな。
薄いキツネ色、もうちょい濃い揚げ色がいいかな・・・と思うぐらいでOKです。
余熱で色がつきますのでご注意を!

冷凍の春巻を揚げるときは、150℃ぐらいの低温で5分、その後、火を強めて揚げてください。
じゅにまいは、フライパンに凍った春巻を入れて、油を入れてから火をつけます。
中火にして徐々に油の温度が上がり、180度ぐらいになって揚げあがるまで火加減いじらず。
楽です笑。

本日の試食です~♪


春巻は、五目・野菜・蝦チーズの3種類。
それに大根餅と人参餅、春巻の皮、チャーシューまんも揚げてみました。

角を落とした春巻の皮も揚げて、塩コショウをふれば立派なおつまみになりますよ。
じゅにまいは、サラダとまぜて食べるのも好き☆

こちら、春巻の中でも一番人気の蝦チーズ♪


酒・・・笑。

ご自宅で春巻を作るけど、
・揚げていると中身が出てきてバチバチはねる
・揚げてすぐはパリパリしてるけど時間が経つとふにゃっとしちゃう
・きれいに揚がらない

等の経験がある方、是非お越しいただきたいですね。

ハリネズミの作り方



↑こんなハリネズミさんを見た事ある方も多いと思います。

このハリネズミさんの作り方を簡単にご紹介しますね。

肉まんの具と皮を用意して、包み終わりを下にして置きます。
黒ゴマで目をつけて、形を涙型に整えます。



もちろん、具はあんこでも何でもよいですよ。

この状態で蒸します。
蒸しあがった後、和バサミでチョキチョキっとします。


和バサミの先を饅頭に押し付けて、針が長くなるように切るのがコツ!



チョキチョキするの、気持ちいい・・・笑。

さて、ここから揚げます。
揚げるときの油の温度はかなり高めです。
測ってはいませんが、入れたときに沈むのは低すぎです。

入れたときに、シュワワワワーと細かい泡が出るぐらいがいいです。多分180℃はあります。
シュワワワワーっとなったときに、針が立ちます。
なので、底に沈んだりすると針が寝ます。

一度蒸して中まで火は入っているので、表面揚げるだけで良いので温度は高めで!

で、こちら揚げ上がり。


写真では見えづらいですが、一番奥のハリネズミさん、針が寝てるのわかるかな?
温度が低い時に油に入れてしまい、じっくり火を入れましたが最後まで針がツンツンすることは
なかったです。

見た目ほど油っぽくなくて、針の部分がゴリゴリして香ばしく、とってもおいしいですよ!
もちろん、顔から食べないと針が口の中で刺さりますのでご注意ください笑。

ちなみに、和バサミでチョキチョキ切って蒸さずにそのまま揚げた場合がこちら。




全く違うものになります。

簡単だし、かわいいし、チョキチョキするのが気持ちいい☆ので、是非機会があれば作ってみて
くださいね~。

【6/18点心教室 午前:小籠包】

だいぶ暑くなってきました・・・。

本日午前のクラスは、小籠包です。
暑さもあってちょっと皮がやわらかめでしたが、皆さん上手に包めてました!

こちら教室模様です。


今日からスタートなお二人含めて、生徒さんは5名でした。
初めてお越しいただいた生徒さん(男性)が、中国茶に造詣が深い方でしたので、お茶のお話をしながら
和気藹々としたクラスでした☆

じゅにまいは、必ずと言っていいほど初めての生徒さんに点心教室に来た理由をお聞きします。
皆さんそれぞれの理由がありますが・・・

・点心に興味があるけど教えてくれるところが少なくてたどり着いた
・お茶から興味を持った
・中国に住んでいたことがある
・資格が欲しい
・自分で教室を開いているor開きたい
・作るのもそうだけど食べることも好き

こんな理由が多いかな。

並行して通っている教室がある方も多いですね。
じゅにまいも、今までにチーズ講座、パン教室、インド料理教室、和菓子教室、洋菓子教室・・・いろんな教室に通っていたので「あー私も通ってたよ」ということが多々笑。

こんなおしゃべりをしながらの教室です♪

・・・おっと、話がそれましたです。

口ばっかりじゃなくって、手も動かさなくっちゃ!


試食用ですー。

本日2回目の生徒さん作の小籠包です。


もうこんな上手に包めるのです・・・。
難しそうに見えて、本当に難しいですが、それでもゆっくり包んでいくとちゃーんとできちゃう。

そして、できるようにお教えしますよ。

こちら、本日初めての生徒さん作です☆


立派に小籠包の形です!

今日のランチはもちろん小籠包です。


皮が薄い小籠包は、やっぱり破れてスープが出てしまいました。。
最近負けてばかりのじゅにまいです、しくしく。。


ご覧いただいてお気づきだと思いますが、点心教室では1回のクラスで1種類の点心だけを、徹底的にお教えするスタイルで行っております。
なので、小籠包のクラスとなると、もちろん小籠包だけ。

そのかわり、とことん練習してもらいますので上達も早いです。

他のお教室のように、1回のクラスで3,4品お教えして・・・という内容ではありませんが、
「狭く、深く」点心を習いたいという興味がある方は、是非お待ちしております笑。

【6/11点心教室 午後:水晶包】

午後は水晶包!

水晶包とは、蝦餃の生地で、小籠包のような形に包んだもののことです。
小籠包の生地と違って、蝦餃の皮は伸びないので意外と難しかったり・・・でも形と
透き通った皮がとってもいいのです!!!

そして何より、この水晶包ができたら、工芸点心がサクサクっとできちゃう♪
うさぎもできます☆

こちら、ちょっとぼや・・・っとしてるけど、水晶包です。



これができるようになると


うさぎちゃんが!!!

ちなみに、右のが先生作、左の微妙なのがじゅにまい作です。

じゅにまい、どうしてもうさぎがうまくできず。。。
でも、いつまでもできないっていうのも・・・今日はとことん練習するぞ!

ということで、うさぎいっぱい作りました。


ん~、統一感なし。なぜか出来上がりがバラバラ笑。
でも、ちょっとは上手になったかな?

こちら、生徒さん作の水晶包です。


ちゃんと形になってます♪

うさぎに満足してしまい、ちょっと遊び心で・・・


本当はほうれん草の粉末やパプリカの粉末で色をつけたほうがリアルなんだけどね。

蒸しあがりです。


うさぎの黄色いのは、中身カスタードです。トローっとおいしいっ。

黒いのはあんこ、茶色いのはお肉です。

生徒さん作の水晶包も蒸しあがりました~。


ね、蒸しあがったら変わらない笑。 上手、本当に上手です!
中具が透けてるのって、ほんとおいしそうに見えるよね。

こちらもリアルに仕上がりました・・・



ちなみにですが、ジュニアマイスター試験(実技)は、この水晶包10個と蝦餃10個を25分で作れたら合格です。
1個1分以上あるから余裕じゃん・・・と思うんだけど、これが結構時間なくって。
焦ってくるしね。

来週は小籠包と大根餅です。
プロフィール

じゅにまい

Author:じゅにまい
東京・名古屋・大阪で、点心教室「まいふぁん」を開催しております。
ご家庭で気軽に作ることができる、本格点心をご紹介します~☆

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ