土曜日は点心の日♪

点心教室まいふぁんのブログです
2011年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2011年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年02月

【2/12点心教室 午後:お汁粉饅頭】

午後の点心教室は、教室初!のお汁粉饅頭でした。

どんなものかというと、甘いものでもしょっぱいものでもよいのですが、とにかく中の具は液体状のものが入っているお饅頭、というイメージですね。

でも、普通には包めないし、包めたとしても蒸しているときに火山が噴火するがごとく、中身があふれちゃいます。
じゃ、どうすればよいのか・・・が今日のポイントでした☆

生徒さんは6名でした。
珍しく、男女半々でしたね!
男性が多いと、力仕事を頼めるので、とても助かっちゃいます笑。

さて今日は、甘いあんこ系、しょっぱい小籠包系と、お1人で4種類のお饅頭を作っていただきましたよ~。

こちら、ゴマ餡とろ~りのお饅頭です。


先生が試食用で先に作ってくれて、蒸したてを食べました。
うまとろです~♪
あんこに近い生地が生っぽいのでは?と思われるかもしれませんが、これ、生ではありません。
こういうもっちり生地なのです。

じゅにまいが作ったのはこちら。


お饅頭生地をかなり少なくして、限界ラインで包んだら、やっぱり4割ぐらいは破裂しちゃいました。。
技術的に問題ありですね。精進します。。。

こちらは、あずきのお汁粉饅頭。


中はあずき餡がたっぷり♪

具を欲張ってたっぷり包んだけど、破裂することなく蒸しあがりました~。



こちら、生徒さん作。とっても上手で、初めてと思えません。。


これなら、小籠包もあっという間に上手に包んじゃいそうです!

こちら、中にしょっぱい具とスープが入っているチビ饅頭です。


皮は、パプリカの粉末を入れて少し赤くしております。

こちら、じゅにまいが本日一番ヒットした生徒さんの作品です。


蒸しあがったら、この鬼、どうなるんだろうね~ってかなり期待しちゃいました!

で、蒸し上がりがこちら。






蒸す直前に、お饅頭生地の上に木魚のように置いて蒸したら・・・こうなりました。

いやぁ・・・笑いました・・・楽しませてもらいましたよ。

お題は「ごろ寝」ってところでしょうか。

点心って、粘土細工みたいで童心に戻れます。
大人はもちろんのこと、お子さんにも楽しんでもらえて、そしておいしく食べてもらえると思います。

いつか・・・親子点心教室が開けるといいな・・・と思いました。

さてさて、次回は点心教室一番人気クラスの蝦餃と小籠包のクラスです。
今週末は午前・午後ともに満席です、難しい、けどだからこそ楽しいクラスなのですが、皆さんにも楽しんでいただけるよう、じゅにまいも精一杯お手伝いさせていただきますね!

【2/12点心教室 午前:蓮ちまき】

今日は寒かった~・・・。
今シーズン一番の冷え込み。昨日の大雪に比べればマシかもしれませんが、それにしても寒い!息白い!!

この寒さにもめげず、今日は特別クラスの蓮ちまきです。

生徒さんは5名。
蓮ちまきは、難しい点心じゃないけど、蓮の葉の扱い方やちまきの作り方はご存じないと思います。
炊き込みご飯もいいけど、たまにはちまきスタイルで召し上がっていただきたい!

もち米を蒸している間に、蓮の葉の準備です。
おっきい蓮の葉を、巻きやすいようにカットします。


小さい葉は、穴が開いているところを補強するための補強材で使います。

もち米が蒸しあがったら、調味料や具と合わせます。
あぁ~いい香り~・・・おなかすいちゃった。。

1個ずつ俵型にまとめて、蓮の葉で包みます。



皆さんには、お一人12個、お持ち帰りいただきました。



召し上がる前に、もう一度蒸してからいただきます。
蒸し時間で、固めにもやわらかめにもできますので、お好みの固さでお楽しみくださいね。

あぁ、さぶい。。
お昼は、あったかいお茶、あつあつのスープ、蒸したての蓮ちまきで冷えた体を温めました。

ちなみにじゅにまいは、「山ガール」の格好して点心作ってます。
アシスタントが寒がってては、皆さんに申し訳ないので・・・でも厚着しすぎると動きづらいし。

で、動きやすくてあったかい服を探していたら・・・あったのが「山」用 笑。

そのうち、点心ガールも流行るといいんだけどな☆

あ、山ですか?  行ったことありません。。。

香港・広州旅行⑩ 香港最後の夜は奇跡の出会いばかり

3日目、この夜が最後の香港・・・来た実感も、明日帰る実感もない・・・笑。

あぁ、もっといたぁ~い!

最後の夜は、M姉さんと弾丸買い物しちゃいました~。


中環につき、1日目に行ったヒルサイドエスカレーターの向こう側に行ってみました。

香港のディープな町並みです。

肉屋あり。



魚屋あり。



八百屋あり。


あ、青菜炒めのお野菜売ってる!!
滞在しているなら買うんだけど・・・。

エッグタルトの老舗に行くまでに、ちょっと観光です。

そして、おいしそうなローストやさんが。


龍記飯店さん。ガイドブックにも載ってるお店ですね。

うわぁ・・・おいしそう。


ちょっと食べたいよね・・・ということで、M姉さんが注文してくれました。

こちら、豚のローストとチャーシュー。


40HKドルだったかな。450円ぐらい?

お持ち帰り用にパックしてもらったんだけど、やっぱり店内で食べようってことになり、ディープな空間へ移動です。

なんでディープかというと、









ね。

ちなみに、これらはディスプレーです、本物ではなかったです・・・。
テーブルもちょい中華やさんのようにペタつき、床も油でちょい危ない、これぞ香港の庶民のお店って感じです。

お皿やお箸はありますが、いわゆるお湯で洗ってから使う系で、我らにはハードルが高すぎたので爪楊枝でいただきました笑。

味はすっごくおいしかったです。お肉はやわらかくて、皮はパリッパリ♪

さ、エッグタルトやさんへ~。

ちょっと暗いけど、泰昌餅家さんです。


狭い店内に、パン、焼き菓子、エッグタルトがいっぱい!
焼き菓子も惹かれましたが、やっぱエッグタルトでしょ。


香港スタイルの、焼き目のないエッグタルトです。


早速、店先でいただいちゃいました。
ん~、タルト生地があんまり好きじゃない・・・。
層になっているパイ生地じゃなくて、沖縄の「ちんすこう」みたいな生地なの。
プリン部分は甘さ控え目でおいしいんだけどね。

さ、次は陶器のお店へ!
と思ったんだけど、道がよくわからない・・・。こっちかな?みたいな感覚で歩いてしまい。。。

で、なんか、いかにも香港~てお店があったので、ちょっと寄っていこうか・・・。
店内は、こってこての香港グッズだらけでした。
やっちゃったね、なんて思っていたのですが・・・。

ここで奇跡の出会い①

あぁ、蒸篭があった!


と思ったけど、違うな、ダンボール箱にプリントしてあるんだ。

開けると・・・


や~ん、かわいい!!!涙

お皿の中に、春巻の破片がプリントされてます☆

その下には、







結局、お皿とレンゲのセットでした~。



やーかわいい、やばい!
でも、持って帰るの辛い。。。

悩んだけど、買わないという選択肢はなく。。。

柄が、春巻、焼売、腸粉、チャーシューまん、蝦餃の5つあり、苦渋の選択で、春巻と腸粉のセットを買うことにしました。

1セット495HKドル、2セットで1万円のお買い物でした。
重いし、帰国時も手荷物で大事に持って帰りましたが、やっぱり買ってよかった!と思います。

ちなみに腸粉はこちら。


パーフェクトだよね。

このお店、住好的(ジュウホウディ)G.O.Dというお店で、後から調べると香港らしいハイセンスなお土産やさんということで有名なお店でした・・・。
知らなかった。。

で、陶器やさん!!と思い、歩いていくと・・・革製品のお店があって。
高そうだけど、寄ってこ♪となり店内へ。

う~ん、クオリティ高いよ。いい仕事されてる見事な革製品ばかり。
しかも、カラフルだし、デザインのセンスもいいし、高いけど日本で買うよりは安いし。

ということで、M姉さんもじゅにまいも、お財布を購入しちゃいました。
とってもかわいいのです。ここでのお支払いが一番高かったかも。
でも、大満足です。

このお店、Liancaというお店で、こちらも後から調べると、割と有名なお店みたいでした・・・。

で、肝心の陶器やさん!!

これが、結局見つかりませんでした。

あきらめて、さぁ、これからどうする?となり、ここでおとなしくホテルに帰る我らではありません。

佐敦(Jordan)に移動することにしました~。

広州のおトイレ事情

すいません・・・こんなタイトルの記事書いていいのかとも思いましたが・・・。

食べるってことは、つまり・・・ってことだしぃ~。

えとですね、なんで広州のおトイレについて書こうと思ったかというと、先月香港と広州に行ってきて、広州でランチしたときのおトイレですごく悩んだからです。

和式トイレでした。日本の和式トイレとほとんど同じですが、ドーム型のカバーみたいなのがついてないです。

トイレットペーパーもないです。ポケットティッシュ持っててよかった~って思いながらドアを閉めようと思ったら・・・なんと、トイレットペーパーがドア近くの壁に!!

設計ミス??
どんなに振り返っても、手、届かないじゃん。。。

ポケットティッシュ、使いました。

でも、なんかスッキリしなくて・・・席に戻る間、歩きながらずっと悩んでしまいました。

席に戻ってから、ねぇ、こっちのトイレって、入ったら、くるっと向き直してするの?って聞いてしまったよ。友人は、いやぁ、そのままの向きでするんじゃない?と言っていましたが、友人の旦那さんが、

「あ~なんか聞いたことあるよ。洋式トイレの場合、入ったらドアのほう向くじゃん。それと同じで、和式もドアのほう向いてするって。」

・・・なるほど・・・なるほどね、そういうこと。

あぁ、スッキリした♪

(実は写真も撮りましたが、さすがにupできないね)

香港・広州旅行⑨ お茶やさんに寄って、香港に帰りました

四川ランチを堪能して~。

帰りの電車まで、時間があと少し・・・ある。普通は、ない、と判断する時間。
でも、弾丸ツアー慣れしちゃった私達には、30分でもあれば十分なのです☆

急ぎ、お茶買うよ、お茶、ということで、これまたタクシーに乗って移動です。

着いたお茶やさんがこちら。


竹清堂さんです。
前の日、広州の駅から歩いて流れのタクシー拾うまでに見たお茶やさんでした。
駅からも近いし、よし、買うぞ♪

あ・・・ちなみに茶器があるところに人影がっ・・・心霊写真??と思った方、ご安心くださいませ。
向こう側で、本当に茶器を眺めていた男性がいましたから・・・。

このお茶やさん、唯一?日本語が通じるお店です。

店員さんは中国の方でしたが、大学で日本語を勉強されていた方がいらっしゃり、流暢でした~安心~。
あと、オーナーさん?が日本人です。

こちらでは、あまり見かけないお茶を試飲させていただきました。


茯茶という、プーアール茶のような黒茶です。

このお店の2番人気のお茶で、お通じに良いらしく、ダイエットに効果があるようです。
また、中国茶で一番カフェインが少ないとのこと。

試飲させていただきましたが、黒茶にしては飲みやすく、購入決定です☆
1パックに1本、この1本はタブレット状に1回分ずつ塊になっていて、2,30回分はあるかと。
この1本で60元、約650円ですね。
4本買ったら、1本50元でしたよ。

ちなみにこちら、帰国後に飲んでいる茯茶です。


確かにカフェインを感じないですね・・・。脂っぽいもの食べた後に飲むと最高に調子いい♪


さてさて、もっと長居したかったのですが・・ジカンニ カギリガ アリマース!

小走りで駅に向かい、U姉さんご夫妻にろくにちゃんとご挨拶も出来ないまま、振り返りながらバイバーイと手を振ってお別れ、、、なんという去り際の潔さ・・・いや、時間のなさ。。。

駆け足で荷物検査、出国審査!!で、出発5分前にホームに到着~大丈夫、余裕余裕笑。

電車・・・あれ、特急電車みたくなってる。


車両は違いますが・・・その他は行きと全く同じでした。

車内でおやつ♪


M姉さんが買ってくれてたエッグタルトです。
マカオ式で、焼き目がついてます。

うまいー!やっぱ、焼き目ついてるほうが好きかなぁ。でも、昨日の廣州酒家さんの香港式エッグタルトもおいしかったしなぁ・・・。

やっぱり途中、ウトウトしちゃいながら、香港に戻ってきました。
一度ホテルに帰って大量の荷物を置き、いざ中環へ!

香港1日目と同じように、タクシーで沙田駅へ行き、通称東西線と呼んでいたEast Railで九龍塘(Kowloon Tong)へ。ここで緑色の観塘線(Kwun Tong Line)に乗り換えて太子(Prince Edward)に行き、ここで赤いTsuen Wan Lineに乗り換えて中環にいきました。

・・・翌日知ることになるのですが、この太子(Prince Edward)での乗り換え、ちょい間違いでした。降りた向かいのホームで赤いTsuen Wan Lineに乗り換えることができるのですが、中環の逆方向の電車なんですよね。 ここで乗り換えると、中環行き電車は、エスカレーター降りたホームまで移動しないとダメです。

正解は、太子(Prince Edward)の次の駅、旺角(Mong Kok)で乗り換える!
さすれば、降りた向かいのホームが中環行きのTsuen Wan Line乗り場です~。

この日は「間違ったからこそ出会えた奇跡☆」だらけで、ステキな夜でした~。
まだまだ続くよ、3日目夜♪

香港・広州旅行記⑧ ワトソンズと本屋と四川ランチ

朝。

見事に寝坊しました。1時間・・・。

昨日は目覚まし間違って1時間早く起き、今日は目覚まし無視して1時間寝坊し、なんなんでしょう私達・・・。

さささ、急いで用意して出発です!

タクシーで移動して、お買い物ができるお店が集まる地域へ。
足早にお買い物!弾丸ツアーにも慣れました笑。

まずはワトソンズという、日本でいうマツモトキヨシみたいなドラッグストアへ。

ここオリジナルの顔パックが、超いいんです!
いつもU姉さんが一時帰国するときに買ってきてもらっていたものです。


春節前の特別価格で、このパックが3枚入って1箱のが売ってました。なんと、10元。
120円ぐらいですよ・・・。1枚40円・・・ありえない。

友達への配り土産に最適です♪M姉さんは、なんと19箱ご購入です。

BIRD'S NEST、つばめの巣入りのパックですね。
翌日、トゥルットゥルですよ、顔☆

私はこちらも購入。


ワトソンズオリジナルのハンドクリームとかですね。コラーゲン入りで、香りもいいし、安くて品質よいものって最高にテンションあがります!

その後、じゅにまいのわがままで、本屋さんに寄ってもらいました。
滞在時間、15分・・・。ビル丸ごと本屋さん、八重洲ブックセンター状態のビルの中で、料理本コーナーを探し、点心の本を探しました。

あった、あったけど、どれにしよう・・・。
時間がないので、パラパラ見て、これ!と思った直感勝負で選びました。
U姉さんとM姉さんにも手伝ってもらい、数冊無事購入。

それがこちら。


・・・廃品回収ですか?

でしょ。袋に入れてくれません。こんな状態でお持ち帰りです。
教科書とか参考書をたくさん買い込んだ中学生ぐらいの女の子がいたのですが、まさに古紙回収状態になっていてちょっと笑えました。

エコバックは持っていましたが、せっかくなので酔っ払いお父さんのお土産折寿司状態で、じゅにまいもそのまま持って歩きました。

最高に気持ちよかった!!

ささ、時間ないです。お昼は四川料理を予約してくれてて、もはや時間に遅れている・・・。
タクシーに乗ってレストランへ!

こちらが四川料理のお店、川国演義さんです。


今回もやっぱり、U姉さんの旦那さんが先に席にいらっしゃいました。
しかも、じゅにまい達の荷物を持って来てくれてて・・・すみません、ありがとうございます。

こちらのメニューは、広東語、英語、ちょいへんてこ日本語で書かれているのでオーダーしやすかったです。日本語はちょっと変なので、英語で読んだほうがいいかもしれません。

オーダーしたのはこちら。


4人で144元、1600円ぐらいのランチです・・・。

1人400円ぐらいですよ。広州、最高・・・。

しばらくして、サラダがきました。


U姉さん夫婦で大絶賛の春菊のサラダです。

日本の春菊と違って、シャクシャクしててみずみずしいです。菊の香りや味がマイルドで、もりもり、どっさり食べれます!うまぁ~い。
U姉さんの旦那さんも、日本では春菊食べれなかったけど、広州来てから食べれるようになったって。
うん、これおいしいよ・・・。ばくばく無言で食べちゃいました。

伝票上から4番目かな。

こちら、鶏肉とピーナッツの炒め物。ちょい辛いです。


本当はこれじゃなのを注文したかったみたいですが、これが間違ってきちゃいました。
でも、これも相当おいしいです!!

伝票上から2番目です。
あ、春菊のサラダとこの炒め物、大皿でどっかんと来ますよ。写真撮るのが申し訳なくて、自分用に取り分けたのを写してます。

こちら、麻婆豆腐。


本物です。一番辛かったです。山椒の辛さがしびれる!
でも、すっごいおいしい。。。やばい、うますぎる。。。

麺です。坦坦麺ですね。


小さいお椀に入って出てくるからということで、ひとり1個食べました。
でも、小さくなかったよ、結構、中サイズ笑。

伝票で、2分免辣とあるのは、4つのうち2つは辛さ控え目、みたいな意味です。
U姉さん夫妻は普通の辛さ、じゅにまいとM姉さんは辛さマイルドで注文しました。

結果、私達の坦坦麺には、辛さは全然入っていませんでした~。
辛さは多分、ラー油の量だと思いますが、ラー油は入っていませんでした。
U姉さん達の坦坦麺は、かき混ぜたら真っ赤に。
辛さなしも美味しかったですが、普通の辛さの坦坦麺のほうがやっぱりおいしいかな。

味もおいしいけど、この麺がすごくおいしいです。
むちっとしてて、カンスイの味とか全くなし。なんの粉、使ってるのかな。

こちら、マーボーナスですね。


伝票下から2番目です。うまい、麻婆豆腐より辛さは控え目です。甘辛い・・・ごはん欲しい笑。

雑炊です。


あぁ・・・じんわり、うまい・・・。体が弱ってるときとか、風邪引いてるときに食べたいよね、なんて言いながら食べました。鍋の〆の雑炊みたいです。

おっきなキャセロールいっぱいに出てきました。笑える量です!

辛い料理を食べて、じんわり雑炊食べて、辛い・・・永遠のループですね、抜け出せません。

これで・・・これで・・・400円・・・もう泣きたい、帰りたくない!!!

400円もらってもしょうがないから、と、ここのお支払いもU姉さんの旦那さんに甘えてしまいました。
本当にありがとうございました!!

いあやぁ、本当に広州での飲茶といい、広東料理といい、四川料理といい、最高においしかった♪

あ、ここの店員さんはとてもフレンドリーでした。サービスもよかったです。
私達の大量の買い物袋を見て、韓国人でしょ?と聞いてきたみたいです。U姉さんが、日本人だよと中国語で返すと、嘘だぁ~みたいなリアクションでした。日本人に見えないのかな??

さ、これから帰りの電車の出発時間までお茶を買いにダッシュですー。

【2/5点心教室 午前:シュウマイ 午後:蝦餃】

今日の点心教室、じゅにまいは午後から参加しました。

午前は定員いっぱい、午後は5人と大盛況でした~。

蝦餃、お一人だけ中級なので皮から作ってもらいましたが、今日は初級の皆さん用に教室で用意した皮も含めて、やわらかめでしたね。
包みにくかったと思います・・・ただでさえ難しい蝦餃ですが、増して難しくなってしまいました。。

でも、皆さん上手でしたよ。未経験の方は、最初は具が見えないように包むだけで精一杯なのですが、皆さん蝦餃の形になってましたもの☆

こちら、教室風景です。


先生の説明をじっと見つめる生徒さん。皆さん真剣そのもの!

じゅにまいも久々、包めるかな。


なんとか・・・です。にしてもやわらかい皮です、包みにくい。。皆さんごめんなさいね。

なんか、写真がぼあっとしてるなぁ・・・なんでだろうと思ってよくよくカメラを見てみると、レンズにべったり油分がついてるじゃない!!慌ててふいてみたけど、まだぼやっとします。。。うぅ。

さ、皆さん包みますよ!


あとは、包んで、包んで、包むことが上達への第一歩!
200個ぐらい作ると、蝦餃の神様が降臨します。せっかくなので、是非降臨するまで包んで欲しいです。

じゅにまいが作った蝦餃です。


試食で皆さんに召し上がっていただきましたが、意外とチビ蝦餃が人気でした。
食べてみていいですか? と・・・。かわいさは際立ちますが、味は同じなんですよね笑。

皆さんが包んでいる間に、先生は工芸点心を作っていました。うさぎや白菜です。
かわいくって、大好評です。
この工芸点心も、もちろんお教えしますよ。

こちら、蒸しあがりです。今日が初めて!な方のです。


上手ですよね、レストランで出てくる蝦餃よりいい形だと思います。

こちら、本日2回目、中級の方のです。


お見事です!

先生が白菜を作っていたので、じゅにまいも負けじと作りました☆


奥にあるの、レタスですが・・・何か?笑 リアルでしょ。

今日もワイワイと楽しく、たくさん点心が作れました!
余った皮もお持ち帰りいただきました。練習されたかな?

蝦餃は、正直、難しいです。
1回や2回、教室に来られたからといって、上手に包める点心ではないです。

でも、だからこそ楽しい!
先生みたいに美しい形の蝦餃、数作れば皆さんも作れるようになれます。
是非、上手になってほしい、そして、皆さんに振舞ってあげて欲しいな。

点心のおいしさと楽しさを広めたい。これが先生とじゅにまいの願いでもあります。
そのために、ほぼマンツーマンで包み方をお教えしております。
わからないことは、何でも聞いてくださいねー☆


次回は特別講座です。

午前が蓮ちまき、午後はお汁粉饅頭です。

お汁粉饅頭はじゅにまいも初めてなので、楽しみですー。

香港・広州旅行記⑦ 最高の広東ディナー

さてさて、雑貨と服をしこたま買い込んだじゅにまい達、一度U姉さんのうちまで荷物を置きに帰りたかったけど、ディナーの予約が6時半。間に合わない!
そのままディナー会場に行くことになりました。

しかし、タクシー乗り場が大混雑です。。。しかたないです、電車で帰ることにしました。

電車乗り場まで遠かったですが、途中どうしてもおいしそうな焼き栗屋台があり、U姉さんに買ってもらいました。


とにかく、早足で乗り場へ移動です。

こんな、ごろっとした栗が15個ぐらいで数百円でした。


大粒♪

味は、いつも食べなれている天津甘栗とは違い、日本の和栗の味でした。
甘みもあってうまーい!歩きながら三人でぱくぱくつまみました。

切符売り場からホームから、春節前だから?ものすごい人でした。これぞ中国!!て感じ。

これ、U姉さんに買ってもらった切符です。


こう見えて、パスモと同じで、ピッと改札にかざして通るんですよ笑。
どこに、ピッとなるもとが入っているんでしょう、これ・・・。

U姉さんちの最寄駅までどうにかたどり着き、そのまま予約してくれているレストランに荷物ごと直行しました。何階建て??ていう高層ビルの4階に入っている、利苑酒家というレストランでした。

入り口にて。


本日のおすすめ食材、みたいな形でロブスターやフカヒレ達にまざってトップバッターをかざっておられた、蛙さん。
もちろん、生きてます・・・。

無理です・・・泣

6時半をとうに過ぎてましたので、急ぎお席へ。
先にU姉さんの旦那さんが着いてて、お席でご挨拶です。
お久しぶりです~お世話になります~(今日泊めてもらうしね)。

お食事を注文しようと立派なメニューをもらいました(広東語、英語、へんてこ日本語付)が、
載っているメニューはことごとく「今日はない」もしくは「予約が必要」とのこと。

じゃ、何があるの?となると、卓上にある紙のメニュー表(広東語オンリー)のがあるとのこと。

U姉さんと旦那さんにほぼお願いして注文してもらいました。

とりあえずのオーダーはこちら。


さすが、高級広東料理レストランです。この時点で966元。4人で1万円ぐらいですね。

最初に出てきたのがこちら。豚のローストです。


これはじゅにまいが食べたくてリクエストしたもの。ガイドブックに載ってたのです。
あ、伝票にはないですね。冰燒三層肉と書きます。
ローストした豚肉なのですが、皮の部分がすっごいクリスピーでカリッカリです。
塩気が強めなので、おつまみって感じですね。でも、お酒もなしでがっつり食べちゃいましたけど。

すごいおいしい、やばい、この先もこのクオリティはまじやばい・・・。


あ、中国?広州??でのマナーです。


ナプキンを、こう使います。
お皿の下に敷いて、そのままひざにかける感じ。たしかに合理的、周りのテーブル、皆さんこうでした。

そして、取り皿ですが、平たいお皿は使いません。これは香港でも同じです。
平たいお皿は、骨を置いたりっていう使い方みたいですので、お料理はすべてお椀に取り分けます。
炒め物も、お椀に入れます。
なので、新しい料理が運ばれてきたら、遠慮なく、新しい取り皿ももらっちゃいます。

そしてこの高級レストランでは、お箸も2つ用意されていました。
ひとつは白い普通のお箸。もうひとつは黒くて装飾がついているお箸。

・・・どっち使うの???

正解は、お料理を取るお箸が、黒塗りのおはし、その後食べるときが白いお箸でした。

でも、途中からどっちもありというか、混乱しまくって両方で食べちゃったりしましたけどね☆☆
食べるのに夢中♪ほほ。

はい、お次のお料理です。


海鮮茶碗蒸しですが、茶碗蒸し自体に卵黄が入っていない、白身だけの茶碗蒸しって感じかな。
いやぁ、ほろっとしてて、じんわり旨味が広がる、すっごいうまぁ~い!
あ、伝票は上から3番目ですね。

お次、牛肉とセロリの炒め物。


M姉さんが、この旅で一番おいしかったと言っていた炒め物です。
確かにおいしい。
なんでしょうね、人が「おいしいと感じる域」って、ピンポイントか、とても狭いと思うのです。
そこに、ぴたっとあわせてくるんですよ。全然狂わないし、ブレない。

ん~何かが足りない、とか、濃すぎるとか、普通とか、そういう世界が全く感じられません。

食は広州にあり!!!ありがとうございます!!!

あ、伝票では一番下かな?


こちらこの旅一番の高級料理、ロブスター?イセエビ?のフリッターです。


伝票上から2番目、1人半身で4人で592元、およそ6200円。それでも1人1500円ちょいか。

これがね・・・人生でナンバーワンですよ。
今まで数々のこういう半分に切ったロブスター系を食べてきました。
グリルあり、刺身あり、グラタンあり。

でもね、これ、別物だよ。
丸ごとフリッターになっているんだけど、中の身がふわふわで、しっとり甘くて絹のなめらかさ。
どうしちゃったの??と蝦に問いかけたくなったぐらいです。

こんな高級レストランですから、食べれる身はすべて食べましたし、食べれる限界のラインも果敢にフォークとナイフで攻めてみましたが・・・。

これ、自宅だったら手で持ってかぶりついてますよ!!!間違いなく。
腕もカリカリしてておいしそうだったし、殻ごとバリバリ食べたかった・・・品がないですけど、本当にそう思っちゃうぐらい美味しかったです。

やばい。

こちら、スープです。


伝票一番上の老火湯かな。意味は、老火で「とろ火」、2,3時間ぐらい煮込まれているようです。
大きな壺みたいなのに入れて持って来てくれて、ウエイターさんが各人ついで回ってくれます。
1回のおかわりは十分できる量です。

で、わかりますよね、具がありません。
U姉さんの旦那さんに聞きましたが、具が入っているスープってないとのことでした。

でも、具の旨味や味が、全部スープに溶け込んでいます、具、いりません!

すっごいおいしい・・・一口すすっては、おいしい・・・を繰り返すだけでしたね。

お味は・・・一番近いのは水炊きのスープかな。煮込まれた濃厚な味ですが、サラッと、スーッと体に入っていきます。フゥー・・・。

あまりにうっとりしちゃって、写真を撮るのがおっくうになって。。。
あまりいい写真がないので2品同時に。青菜炒めと水餃子です。


伝票上から4番目と5番目ですね。

青菜は前の日の夜香港で食べたのと同じ青菜でした。
ここでは西洋菜と表現されていますね。

水餃子もおいしいですよ。小ぶりな一口サイズ、包み方はひだがなくて、両手の人差指と親指で一気にギュッととじる包み方みたいでした。

水餃子を食べてて気になるもの発見。
周りのテーブルのほとんどで注文されていたものです。
けど・・・名前がわからない。U姉さん達も知らないとのことで、「茶色い層と茶色い層で
白い層を挟んでいるやつ」みたいな中国語でオーダーしてもらいました。
完璧、通じてます!!

こちらです。



【12/27追記】
わかった~2度目の広州訪問時、飲茶やさんで同じもの発見です。
名前は、「山西枣皇糕」でした。
【12/27追記】


シナモン・・・というか、黒糖とココナッツミルク味がするういろうみたいな、もちもちのデザート?でした。甘さほんとうに控え目で、私は好きでした。

おなかもほどよくいっぱい、でもやっぱりスイーツもいただきたい♪

こちら、デザートメニューです。



一番右の、スイス式(なぜスイス?笑でもこれしかない)コーヒーとエッグタルトをいただこうかと思いましたが、エッグタルトが売り切れとのこと。。
で、一番想像ができない左から2番目のを注文しました。

これです。


お団子は中がとろーり黒ゴマあんの、あったかいお団子でした。
ムースみたいなの、これがこの旅で一番ヒットしたスイーツかもしれません。
楊枝甘露といいます。
マンゴーピューレ?、果肉、マンゴーアイスorソルベ、タピオカ、ココナッツミルク、ポメロ?などが入った、ゆるいムースみたいなスイーツです。

正直、マンゴープリンより好きかも♪
楊枝が、ポメロ?グレープフルーツの実をほぐしたようなのですね、の意味で、甘露がタピオカの意味のようです。

香港でも数年前に流行り、今尚大流行しているスイーツらしいですが、本当にそうかも・・・。

私以上にM姉さんがはまり、以後スイーツといえばこればかり注文してました笑。

ほんと、おいしいわぁ。

あぁ、シアワセすぎます・・・。
しかも、ここのお会計は、U姉さんの旦那さんがすべてもってくれました。
なんと!!今晩泊めていただくのに・・・おごっていただけるなんて。。。

ありがとうございます!

で、このまま今日は眠りに・・・



なんて我らではありません。
これからクルーズです。

実は、お会計はU姉さんの旦那さんにまかせて私達は荷物を持って走って帰り、荷物を置いて急いで下に降り、U姉さんの旦那さんがつかまえてくれたタクシーに乗り込んで船の乗り場に移動・・・という弾丸移動をしたのです。

このとき、船が出るまであと30分。道が混んでたらアウト!!なギリギリの時間でした。

いいタクシーの運ちゃんで、とても親切にしていただき、船の時間に間に合いました☆

小さいフェリーのような船で、日本人は私達だけ、あとは中国の方かな。

1階で4人掛けの席があり、予約番号と同じテーブルに座ります。

途中から上に上がって、寒かったけど景色を楽しみました。
こんな素晴らしい景色です。



こちら、広州タワーです。


東京のスカイツリーに似てますね。
音楽はないですが、実際・・・香港のクルーズよりよいかも笑。
特にこの広州タワーはとても感動です☆

中国語しか飛び交わない船上で、聞こえるのは「キレー」「キレー」というU姉さんの歓喜の声ばかりでした。ね~さん、叫びすぎ~笑。

1時間ほど、かなり楽しめました。

船から下りてタクシーに乗って帰りました。
本当は、M姉さんの誕生日祝いを行きつけのイタリアンレストランでしようかと計画していたのですが、もう昨日からこんな弾丸すぎるツアーだったので、とりあえずスタバでコーヒー飲みながらプチお祝いして帰りました。このスタバのノートに、ねーさんお誕生日おめでとう!てメッセージ残してあるよん。

こうして、ようやく2日目が無事、終わることになります・・・。1日が長い・・・。

明日は明日で弾丸買い物後、ランチは四川料理をいただき、香港に帰ります~。

香港・広州旅行⑥ 雑貨と服のパラダイス☆

最高においしい飲茶をいただき、余韻に浸る間もなく、タクシーに乗り込み毎度のカーチェイス。。

スピードもさることながら、車線変更、追い越し、もう、なんでもあり!状態です笑。

広州在住のU姉さん御用達の雑貨の卸問屋が集まるビルに連れてってもらいました。

意外ですが、広州の雑貨や服が、香港、ソウル、台湾、日本へと輸出されるそうです。
品質は同じですが、卸価格だから安い!!そうで、ウキウキしちゃいました。

バイヤーさんが仕入れに行くようなところですが、観光客というか、1個でも十分売ってくれます。

街中、春節前なので装飾が・・・赤い赤い。



ビルの中も赤い。



滞在時間が1時間もないぐらいだったので、駆け足です!本当に弾丸なのです笑。

ここで、いいもの買えましたよ~♪


マグネットの点心と麺!冷蔵庫に貼り付けてます☆
10個買ったら、少し値切れました。 1個数十円の世界です~。

あとこれも。



なんでしょ、あけると・・・。


笑えるでしょ。誰がこんなミラー使うんだろうって。
買っちゃったよ、ブログに乗せようと思って買っちゃったよ。

でも、実はお気に入り。・・・使わないけどね☆


あと、これも大量買いだよ。


これも、1枚100円しないです。1泊分の下着とかインナーが入れられる袋。
片側に刺繍がしてあって、かわいいの。
一番手前のだけ、ティッシュ入れるのでおそろいですね。

3人いたから、30枚買うから!というと安くしてくれました。
実際には、1人8枚ぐらいでしたが・・・それでも、いいよいいよと言ってもらえました。

いやぁ、本当に安い。。。1日いたい!と思いました。

でも、服の問屋にも行きたいし、夜は6時半に広東料理の予約してくれてるし・・・で、またカーチェイスタクシーです。

車で5分ほどで、服の問屋さんのようなビルに到着しました。
問屋さんというか、普通の服やさんがみっしり入っているビルです。

雑貨やさんもそうですが、どちらも危ないという感じは全くないです。
若者であふれる、キレイなビルですよ。

服やさんでは、春節前のセールということで、どこもかしこもセール!セール!!
20%オフぐらいは当たり前、過激なバーゲン状態でした。

どの服も、品質は全く問題ありません。縫製もしっかりしているし、デザインもなんら問題なし。
でも値段が・・・安い。ワンピもジャケットも、1000円するようなものはほとんどありません!
袖なしで、フード付き(取り外し可能)のダウンジャケットが、100元(1200円ぐらい)ですよ、そりゃ買いますよね笑。

じゃんじゃん、買っちゃいました♪

あと、日本と違うなと思ったのは、在庫の豊富さ。

ワゴンで売っている激安均一の品以外、店内で値下げされているものはすべて在庫があるので、レジに持って行ったら新品を出してくれます。
日本だと、セールやバーゲン品は残り1着だったり、掘り出し物見つけたり、店側としては残り物を売りさばきたいみたいな意図があったりだと思いますが、ここではそうじゃなくて、在庫があるわあるわ。。
すごいなぁ・・・と思いました。

ふぅ、雑貨といい、洋服といい、ものすごい量を買い込みました。
荷物がすっごい増えましたが、お金はそんなに使っていない・・・ステキ過ぎます広州!

香港・広州旅行記⑤ 最高の飲茶♪

広州に昼前に着いて、お昼ご飯は・・・待望の飲茶♪です。

U姉さんが2番目に好きなお店に案内してくれました。
1番好きな飲茶やさんはちょっと遠く、弾丸ツアーな私達には時間がなかったとのこと。

なんで2番なのかというと、味はいいけどサービスが悪い。。とのことでした。

12時になるといっぱいになるので、急いでお店へ。U姉さんのおうちから歩いて10分ぐらいでした。

お店はこちら、廣州酒家さんです。


目の前がラマダホテルでした。

中に入ると大広間!みたいな感じで、円卓がたくさんありました。こんな雰囲気ね。


ちなみに、店員さんで茶色い服着た人と、背を向けていますが白シャツに黒いベストの人がいるかと思います。茶色い服着た人は、点心を運んだり、お皿や蒸篭をさげたりする人で、黒ベストの人が注文をとってくれる、いわゆるウェイターさんなので、茶色い服着た人にオーダーをお願いしようと呼んでも来てくれません。
・・・まぁ、ウェイターさんに、すいませーんと声かけても普通に無視されますけどね。
忘れた頃に、笑顔もなく来てくれたりはありました。さすが、U姉さんが言うようにサービスは悪い・・・てか、これが中国かな、とか思ったり。
気分を害するということはなかったです、あぁこういう文化なんだと受け止めた。

そして、来て欲しいときは、目を合わし、手でこっち!こっちこっち!オーダーだからきて!!!と相当呼び込みます、もう、ロックオン状態ですね。ここまでしたら、さすがに来てくれますので笑。

あ、で、この大広間の周りを個室がぐるっと配置されていました。
ちなみに、予約となると、ひとり最低でも300元は食べないとダメらしいです。
ミニマムチャージですね。300元て日本円で3500円もしないと思いますが、こんだけ食べるのは普通では無理!!おなかいっぱいになります。
なので、フカヒレとかツバメの巣とか、高単価なものを注文しないと食べ切れません。

なもんで、予約できず、11時半ぐらいにお店に行ったわけですね。
私達がついた時点では、お客さんは半分ぐらいだったかな・・・でも12時の時点では満席でした。

席についたら、こんな紙が。


メニュー表です。欲しい点心にチェックを入れます。
理解できないわけでもないけど・・・漢字から推理!!笑でした。
なんとなくわかるものから、チャレンジものまで、幅広くチョイスして店員さんへ渡します。

あ、書き忘れてましたが席についたらすぐにお茶何にする?と聞かれます。
ここでも、というか、もうどこでも席についたらお茶何にする?でしたね。
ここでは・・・ジャスミン茶を飲んだような気がします・・・。

で、オーダーし終わったら、少し経ったらメニュー表と伝票を持って来てくれました。


伝票はお会計用、メニュー表は、追加オーダー用と、あとチェックを入れているのは厨房にオーダーが入った証みたいでしたね。

ちなみにお料理が運ばれたら、メニュー表の料理の隣にハンコを押してました。ハンコはすべて番号で、運んで来てくれる人固有の番号みたいでした。誰が、どれを運んだのかが一目でわかります。


さてさて、最初にオーダーしたのはこちら。


すみません・・・手抜きしていいですか?
香港1日目は頑張って中国語で打ってましたが・・・記事1つupするのに1時間ぐらいかかっちゃって。。
まだ、この旅の2日目のしかもお昼なので、書きたいことどっさり残ってますの。
ごめんなさい、この伝票でお許しください。

待つこと数分、最初に出てきたのがこれ!


っておい、デザートじゃん笑。
U姉さんから、今注文したら絶対最初にマンゴープリンが出てくるよ、ま、いいか、ということもわかってて頼んだんだけどね。最後にデザート、という人(が普通だと思うけど)は、最後にオーダーしてください。

マンゴープリンは、伝票の上から5番目のね。

で、でちゃった、エッグタルト、しかも焼き目のない香港スタイル。(焼き目あるのはマカオ式)。
これは嬉しい誤算でした。伝票の上から4番目のですが、注文したときは、これはきっと蒸しパンでカスタードが幾層にもなってるあれだ!と思ったのでした。千層っていうのが、キーワードでした・・・。
が、これはエッグタルトでした、あは☆

でも、食べたかったし、ましてこんな高級店で食べれるとは・・・屋台物だと思ってたので・・・で、食べたら超ーうまい!!すごいおいしかったです・・・。最初からデザートですが、それが何か?て感じで夢中で食べちゃった。
もちろん、マンゴープリンも相当なるうまさ。コーヒーフレッシュみたいなミルクをかけていただきましたが、もう、おいしいを越えた味でした。

「おいしい」の上って、どう表現したらいいのかな・・・。

で、どんどんお料理が運ばれてきました~。

こちら、麺ですね。


伝票一番下のです。細切りの野菜とお肉が乗ってる、お米の麺のやさしいお味の麺でした。
うっまい~おいしい~これ、18元って200円ぐらいだからね。信じられない。

こちら、腸粉とモツの煮込みです。


腸粉が食べたかったけど、メニューで見当たらなくて。唯一あったのが、伝票下から3番目のでした。
腸粉は、クルクルまかれていました。すき焼きみたいな甘い味付けのモツと一緒に出てきました。
モツはちょっぴりモツ臭いかな。 味も濃い目でした。

こちら、小籠包ですね。


伝票の上から3番目です。皮がちょっとふやけているような見た目ですが、味はもちろん合格!

小籠包は、上海のものみたいですね。とってもおいしいけど、台湾の小籠包とかに比べると、スープは少なめです。広東スタイルの小籠包って感じかな?


でも、おいしぃのー。うぅ、何でもすごいおいしい。

お粥です。


伝票下から2番目です。
牛肉がやわらかくて・・・じんわり、おいしい・・・。
U姉さんいわく、広州の牛肉は固かったり、牛臭かったりするらしいけど、これはやわらかいし味もおいしいって感動してました。

チャーシューまんです。


わかりやすいよね、伝票上から2番目です。
かなり良い具合にバカっと割れています。皮の香りは、いやな香りは一切なくて、ほんのり小麦のかおりがして、間違いなくおいしいよねっていう香りでしたね。

割ったところです。


中のチャーシューと餡は、少し味が濃い目、なので少ししか入っていません。
でも、皮とのバランスが絶妙で、十分ですし、おいしい・・・もうおいしいしか書けない。。。

蝦餃です。


蝦餃5個と、真ん中に本物の蝦ちゃんが笑。 かわいい・・・。
包み方というか、見た目は・・・点心教室の生徒さんのほうがよっぽど上手だと思いました、こういうの、見ちゃったら、なんか妙な自信が♪

中身です。


もうね、蝦がね、そのままゴロッていう感じ?原型とどめまくってるし。
蝦のすり身みたいな、団子状のが入っている蝦餃って、違うんだなって初めて気がつきました。
そういや、点心教室の蝦餃も、蝦がでかくて・・・でもたまにでかいから「包みづらい」と思ってしまったことも正直何度もあるのですが、それが正解だったと知ることができてよかったです。

あ、伝票では・・・わかるよね、一番上のです。

ここで、メニュー表を見てて、これはマスト・・・と思っていたものを発見しちゃいました。
もちろん、追加オーダーです。

何かわかりますよね??


美肌に効果的!香港美人がこぞって食べるっていう、あれです。


そう、これこれ。


亀ゼリー様です♪

じゅにまい、初めて食べます。
茶色いシロップみたいなのがついてますが、これはハチミツでした。

まずはそのまま一口。
んー・・・普通・・・?・・・ん~、後味がゴーヤみたいで苦いね。
味のない寒天で、最後、ゴーヤ食べたあとみたいに苦味が残ります。

昔、テレビで見たときは、亀の水槽の味がするとか言ってたのを記憶しているので、相当覚悟してたのですが、食べやすくしてあるんでしょうね、きっと。食べれます普通に。

ハチミツをかけて食べてみましたが、最初は甘いですが、確実にハチミツのほうが先になくなってしまい、結局亀ゼリー様が口の中で残るので後味苦い的な・・・変わりがない。。。
グラニュー糖みたいな砂糖のほうがいいかも?

ん~、美容に健康にと言われても・・・これ、好んで食べることはないかなぁというのが我ら3人の意見でした。
でも、もしかしたら3回食べたらやみつき、になるかもね!

・・・とも思いましたが、この後亀ゼリー様にお目にかかることはありませんでした。。。

そろそろおなかもいっぱい、と思いましたが、隣のテーブルの人がなにやら羽つき餃子みたいなのを注文してておいしそう、というので私達も注文しました。



漢字からするに、これでしょー。

で、見事、当たりでした!


てか、なんか芸術的なんですけど・・・。焼き餃子です。ネットみたいなのかぶってます、これ、どうやるの???

おはしで取るときも、サクサクほろほろと崩れます。おぉ、もったいないです。



これは本当に、









キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

ですよ。うぅーまい!私の中では、見た目も味もインパクトも何もかも、この旅で一番だったかもしれません。



ニラがやさしく効いている、野菜たっぷりな餡です。具の味も最高においしいし、皮のむっちり加減もおいしくって、さらにサクサクのがいいアクセントで・・・。これは真似したい。でも、このサクサクはどうやってるのか謎のままです。こういうの、売ってるのかなぁ。。。

あぁ、すっごいおいしかった。おいしかっただけじゃなくて、勉強になりました。
広州1泊ですが、もっといたかったなぁ。

食は広州にありって、本当だと思います。

こんだけ贅沢に食べまくって、1人600円ぐらいです。

ね。 もう言葉ないですよ、やばすぎです。

あぁ、食ったぁ~シアワセ~って時に、じゅにまい早く早くとせかす姉さん達。

すでに、お店の目の前のラマダホテルでタクシーをつかまえておりました。おぉう汗。。
これから、雑貨と洋服の問屋ビルに移動して買い物弾丸ツアーです!
プロフィール

じゅにまい

Author:じゅにまい
東京・名古屋・大阪で、点心教室「まいふぁん」を開催しております。
ご家庭で気軽に作ることができる、本格点心をご紹介します~☆

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ