FC2ブログ

土曜日は点心の日♪

点心教室まいふぁんのブログです
2010年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年01月
ARCHIVE ≫ 2011年01月
≪ 前ページ       
≪ 前月 |  2011年01月  | 翌月 ≫

蝦餃子の皮をのばす包丁

蝦餃子の皮って、ちょっと特殊です。
蒸すと透明になって、モチモチしてて・・・。

なので、皮をのばすときも特殊で、中華包丁みたいなのでのばします。
(ちなみに他の水餃子、小籠包などは麺棒でのばします)

それがこちら。


見た目、中華包丁そのまんまですね。

でも、違いがあって、それは・・・


ギャーあぶない!!

いえいえ、危なくないです。
これ、「は」がありません。研いでいない包丁なので、手は切れないので安全です。

これで蝦餃子の皮をのばすんですよ、不思議ですね。

蝦餃子を習った生徒さんで、ご自宅で本物の包丁を使って皮をのばしたという方がいらっしゃいましたが・・・



絶対にやめてくださいね!!!危ないです、手、切りますよ!

この、「は」がない包丁は、以前は点心教室でお売りしておりましたが、今は在庫がございません。。
国内製で、点心教室の名前が入った包丁はお売りしておりますが、ちょっとお高いです。
それでも是非、という方はご相談くださいませ。

包丁がないと蝦餃子が作れない・・・そんな方には裏技をご紹介。

コップの底を押し付けて作れますよ~。

吉祥寺 みんみんの餃子

日曜日に、なんとなく吉祥寺に行って来ました。

本当は、東京ドームで開催されているふるさと祭りに行きたかったのだけど、ものすんごい行列であきらめちゃって・・・。

吉祥寺で行きたいところがあって、たまたまハモニカ横丁を通りがかったのだけど、うわー、奥が深い!
いいお店がいっぱいあるなと思って、とりあえず全部歩いてしまいました。

何軒か行列のお店がありましたが、一番気になったのが餃子のみんみんさん。

でかい餃子だなぁ・・・。

気になったけど、やっぱり行列がすごいからとりあえず他のお店に行って、帰りに再度立ち寄りました。

ちょうど並んでいる人もいなくて、すぐ買えました。

生餃子20個買って、2000円ちょっとだったような・・・。

結構大きいので、10個焼いてみました。


生餃子の状態です。

焼き方の紙どおりに焼くことに。
フライパンに餃子を置いたら、すぐにお湯をさし、お湯を捨てて焼き色をつけると・・・ふむふむ。

ん、なんか出来上がりがすこぶるいいぞ!!


ハネとかできないけど、焼きやすいし、失敗なく焼ける、いい感じ☆

どれどれ、一口・・・



ううぅまいっ!!!


今まで餃子は宇都宮のトントンさんが一番だと思っていましたが、この餃子、きたかも。


  チャンピオン♪

いやー、じゅにまいの持論があって、「旨い餃子」の定義は、「皮が旨い餃子」なのです。

それをいとも簡単にクリア!しちゃってます。

なんだろ、買うときに包んでいるのを見て、皮が厚いなぁとは思っていたのですが、この皮が、ざっくり、もっちりしてておいしいのなんのって。

中の具は、ほとんど野菜です。肉っぽいのは見えませんので、おだしぐらいの量が入っているかいないかぐらいだと思います。ちょい甘めで、肉感がないので、肉汁は出ませんが、とってもジューシーです。

もう、宇都宮まで行かなくていいわこりゃ。

・・・でも、家から吉祥寺って、意外と1時間もかかっちゃう。。

冷凍で地方発送もしてくれるようですが、HPが見当たらないし、詳細わからず。。
今度お店に行ったときにチェキですね。

ゴマ団子のおいしい揚げ方

ゴマ団子のおいしい揚げ方です。

秘訣というほどでもありませんが、ご参考になさってください。

【生のゴマ団子を揚げる場合】
150度~160度ぐらいの低温の油に入れて、中火で5分ほど火を通します。5分経ったら強火にして、表面にちょっと亀裂が入るぐらいもしくはその手前で揚げ上がりです。
中はとろっと柔らか、外はカリッと香ばしく、1時間ぐらいはしぼむことなく、冷めてもそのままですしおいしいです。

ゴマ団子を油に入れたときに、ジューっと音がするとか、ブクブク気泡がでるとか、この状態だと油の温度が高すぎます。中まで火が通る前にゴマが焦げてしまいますので、もし温度が高いなと思ったら、火を止めて様子を見るなどなさってください。

【冷凍のゴマ団子を揚げる場合】
冷凍庫から出したゴマ団子を見て、もし亀裂が入っているとか、薄い衣と共にゴマがはげそうになっている(冷凍やけ状態)の場合は、そのまま揚げるとゴマが全部はがれたり、餡が出てきて油が汚れる可能性が高いです。

上記のような状態でしたら、両手にぬるま湯をつけて、ゴマ団子を軽く握り表面を溶かします。
少し溶けてきたら、両手で軽めにギュッギュッと小さいおむすびを握るようにゴマ団子を握ってください。
表面にしっかりゴマがついて、作り立てと同じような状態に戻ると思います。

このとき、両手でコロコロ転がすのはあまりよくありません。経験があるのですが、余計にひび割れしてきますので・・・ギュッとおむすびにぎるようにしたほうが良かったです。

さて、揚げ方ですが、相当低い温度から揚げます。

私はいつも、鍋に凍ったゴマ団子を入れて、それから油を注ぎ、火をつけるぐらいです。
火を中火にして、8分ほど加熱すると油の温度も高くなり、ゴマ団子も中までじっくり火が通り、いいような気がします。
最後強火にしてカラッと表面固めてください。火をつけてから10分ほどで揚げ上がりです。


揚げるとき、白ゴマの団子と黒ゴマの団子では、黒ゴマの団子の方が断然早く揚げあがりますので、一緒に揚げないでくださいね。

慣れてきたら、先に白ゴマ団子を油に入れて、後追いで黒ゴマ団子を入れ同時に揚げ上がり、というのも可能ですが、あくまで慣れたら♪です。

せっかくのおいしいゴマ団子です、ご家庭でもおいしく揚げて楽しんでください。


年末に行った居酒屋さんの〆のデザートがゴマ団子でした。
周りは白ゴマ、中の餡は黒ゴマで、味はとってもおいしかったのですが・・・


わかりにくい写真でごめんなさい(酔っ払っていたのでブレてます。。。)、わかります?

餡と皮の間が、白っぽいの。

これ、ちょい生です。。。

揚げ時間が短いと、こうなります。

居酒屋さんだから、というわけではありませんが、飲食店のフライヤーは、多分180度に設定されていると思います。凍ったゴマ団子をフライヤーに入れて、ゴマがいい色になったから揚げ上がりと思ったのだと思いますが、あと1分、でしたね☆

ゴマ団子の皮が白っぽくて生っぽいのって、本当に気持ち悪いです・・・といいつつなんだかんだと全部食べましたけどね♪

おうちで食べるゴマ団子が一番!と思えると、幸せですよね。

是非、皆さんにそう感じていただきたいな。

大根餅を味噌汁にいれてみた

大根餅がたくさんあり、カリッと焼くだけではなく、他の食べ方があるかな・・・と思い、とりあえず味噌汁に入れてみました。

ジプロックに入れて冷凍していた大根餅さん。



解凍し、一口大に切ってお鍋へ。カブと溶き卵を加えて、いつもの味噌汁を作ってみました。



んー・・・。


・・・んんー・・・・・・・。


難しい。
難しいぞこれは。

まずくはない。

でも、旨くもない。

んー・・・正直、どうしよう、と悩む味でした。

でも、これだけは断言できます。


「大根餅は、煮るより焼くに限る」


ん~、他の料理方法を考えてみます笑。

大根餅の(カリッと焼く以外の)おいしい食べ方をご存知の方、是非教えてください!

【1/8点心教室 午後:水餃子】

午後のクラスは、水餃子です。

生徒さんは5名。
点心教室初!の、男性3名女性2名という、男性の方が多いクラスとなりました☆

教室風景です。


今日は皮の生地が寒いので固く、でも、中の具がやわらかめだったので包みにくかったですね。
それでも皆さん、上手でした!
同じようにお教えしておりますが、皆さん個性が出て、違う水餃子ができるのがおもしろいです。

もちろん、先生とじゅにまいの水餃子だって、見た目ちょっと違います。

でも、一番かわいい水餃子は、先生作だったりするので・・・不思議ですよね・・・。

さー、どんどん包みましょう!



じゅにまいは、16個作って一旦ストップ。



なぜか・・・それは、試食を作るため!
さ、さ、揚げようっと♪

今日は、
・生の水餃子を焼いたもの
・生の水餃子を揚げたもの
・一度蒸した水餃子を揚げたもの

の3種類を作ってみました。

こちら、初お目見えの「生のを焼いたの」。


うん、おいしいよ。じゅにまいも初めて食べたけど、おいしかった!焼いてもいけるなぁ。

こちらは「生のを揚げたの」。


皮が別物になっちゃいます。サクッとしていてパイ生地のよう。
これは生徒さんの評価も高かったですね。

でこちらは「一度蒸したのを揚げたの」。


皮に大きいプクプクができて、テカテカと油っぽいような見た目になります。
皮は一度蒸しているのでちょっと固めでもっちりした感じです。

これはもう、好みですが、必ず意見が分かれます。
今日の生徒さんからは、生のを揚げたものの方が票が多かったかな☆

最初に作る水餃子は、「おぉぉ・・・」という斬新な水餃子でも、作り終える最後の方になってくると、皆さんちゃんと形になってる。上達するのが目に見えてわかるので、じゅにまいも嬉しいです。

今日もお持ち帰りの水餃子、30個ぐらいあったと思います。

水餃子は色々と使えます。
もちろんそのままでもいいですが、今日の試食のように焼いたり揚げたりもいいですし、お鍋に入れたり、スープに入れたり、応用がききますので、皆さんお好みの食べ方でお楽しみいただければと思います。

来週は特別講座で、午前がマーラーカオ、午後が腸粉です!

・・・今日は笑いすぎたので、顔パックして寝ようっと。

【1/8点心教室:午前 チャーシューまん】

今年最初の点心教室!

今日も笑いの絶えない1日となりました。

わわ笑いジワが・・・・・・



っと、今日はです、午前が初級の方が大根餅と春巻、中級の方がチャーシューまんでした。

じゅにまいは、チャーシューまんチームでしたので、写真はチャーシューまんしかありませんが・・。



とっても寒いので、皮が冷たくて固いです。包むときも、固いなぁと思いますが、蒸しあがりは同じです。
今日は、前回の反省を生かし、BPと重曹はいつもの量で作りましたので色も白く、皮ににおいもなく美味しくできました!



やっぱ、蒸したては格別♪

チャーシューまんらしく、ぱかっと割れた饅頭を目指して、ナイフで切れ目をいれたものも試作してみました。


奥の2列がいつもの包み方、十字に切れているのが、ナイフで切れ目を入れてみたもの。
その手前が、蓮の実餡を包んだ甘いお饅頭です。

蒸しあがりです。


ん~、上の生地が少ないため、予想通りのぱかっとした割れ方ではなかったです。。
反省・・・もっともっと、皮を分厚くしないとだめね。
次回の課題です!

でも、味は美味しいのよ☆

こちら、春巻の試食です。


野菜と五目です。
バリッバリでやっぱうまい!

大根餅と春巻チームは、今日が初めてな男性2人と女性1人でした。
男性陣がとてもおもしろくて、今日はゲラゲラと笑いが耐えなく楽しかったです!

大幅に時間を押してしまい、ランチタイムは2時近くになってしまいました・・・。
今日のランチは、春巻、チャーシューまん、スープをお出ししました。

男性陣は、近くの「すき家」さんで牛丼買ってきて食べてましたね笑。

今日のお茶は、黄金桂。凍頂烏龍茶のような、爽やかなお茶です。
6,7回はお湯を継ぎ足して飲めます!

有機のいいお茶です。こんな茶葉です。


今年もマニアックに点心だけ♪ですよ~

皆様、新年 明けましておめでとうございます。

昨年3月28日に開設したこのブログも、思いのほか多くの方にご訪問いただき・・・マニアックな方が結構いるのねとうれしい限りです笑。

今年もネタは点心に絞っていこうと思っております。

課題は、定期的な更新と、幅と深みのある内容をお届けすることかな☆

少しでも多くの方に、点心のおいしさと楽しさをお伝えできますよう・・・。


今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

プロフィール

じゅにまい

Author:じゅにまい
東京・名古屋・大阪で、点心教室「まいふぁん」を開催しております。
ご家庭で気軽に作ることができる、本格点心をご紹介します~☆

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ