土曜日は点心の日♪

点心教室まいふぁんのブログです
2010年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年12月
ARCHIVE ≫ 2010年12月
≪ 前ページ       
≪ 前月 |  2010年12月  | 翌月 ≫

あげき饅頭

あげき饅頭・・・



週末、グアムに行って来ました。ダイビングがメインですが、クリスマスセールも始まっていましたのでショッピングも・・・フフフ・・・。

で、マイクロネシアモールに行ったとき、フードコートで見つけた看板です。

・・・きっと。あずき饅頭なのでしょう、しかし、誰もツッコミ入れないのかなぁと思いました。
でも、そういうじゅにまいも、店員さんには何も言えなかったので同じだよね~。
写真撮るので精一杯笑。

ガイドブックにも載っている198 Dim Sumという名前のお店ですが、実際には点心というより、おかずが15品ぐらい並んでいて、おかず1品、おかず2品とかで選ぶスタイルの中華やさんみたいでした。

でも、大きな蒸篭が2つ置いてあり、なにやら点心みたいなのが入っていて。
小さい・・・チャーシューまん?みたいなのがあったので、「これ何?」と聞くと、「しょうろんぽう」という。へぇー、グアムではこういうのを小籠包っていうんだぁ・・・と思い、買ってみました。

これがグアムの小籠包。


スイートチリみたいなのまでついている。うーん。

6個で4ドル95セント。400円ちょいぐらいします。高級品ですね。

お味はどうなんだろう?


う~ん、so-so・・・、予想通りのお味ですよ!!!こういうところははずさないグアム、大好きです!!!

皮は普通ですが、水滴がところどころしみててビチャっとしているのがうぅぅぅぅ・・・。
具は、ちょい濃い味付けの肉まんの具って感じかな。

スイートチリは出番がどこなのかつかめないまま、とりあえず3個は食べました。

・・・あげき饅頭も、食べてみたかったな。

ポットが蒸し器になっちゃいます

ポット。

普通のポットです。

このポット、蒸し器になっちゃうんです。

再沸騰ボタンを押していただき、小さい蒸篭を蒸気が出るところに置きます。



蒸気がバァーって出て、再沸騰のボタンが消えるころには、なんと蒸したてのお饅頭が!!



嘘だと思って、試してみてください。本当にホカホカのお饅頭が食べれますので・・・。

テーブルマークさんの肉まん



こちら、テーブルマーク(旧 加ト吉)さんの肉まんです。
食べれる機会があって・・・ラッキー☆
テーブルマークさんといえば、昔の加ト吉なので冷凍うどんとか、
コロッケとかエビフライってイメージでしたが、肉まんも作っていらっしゃったとは。

秀逸なのは皮!!皮がむちゃおいしい・・・♪

固くなく、程よい弾力があって、しっとりしてて、文句なしの皮です。



中の具は、ちょっと色が濃い目です。
甘さを抑えた、すっきりした味付けの具でした。


いやしかし、皮おいしかったなぁ・・・(具もおいしかったですよ)

【11/27点心教室 午前:ゴマ団子 午後:シュウマイ&饅頭】

今日はじゅにまい、お昼から参加です。

お昼からという表現は、「お昼ご飯から」という意味でして・・・笑。

はい、ご準備いただきましたお昼ご飯をいきなり食べて、午後のクラスに臨むというなんとも・・・ははは・・・な流れです。

12時半頃行ったのですが、皆さんまだ午前のゴマ団子を作っていらっしゃいました。
おぉ、熱心☆ 

じゅにまい開口一番、「こんにちは~お昼食べました?」

生徒さんに笑われてしまいました・・・泣。。

そりゃ、私もおなかすいてたのは事実だけど、皆さんまだ食べないで頑張ってるんですよね?の確認だったのですがー・・・。

結局、1時間ぐらいゴマ団子を作ってからランチタイムとなりました。


午後は、初級の方はシュウマイ、中級の方は饅頭でした。

生徒さんは6名、その中のお二人が饅頭でした。
じゅにまいは、饅頭の皮作りからご一緒させていただきました。

老麺の醗酵が進んでいて、出来上がった饅頭生地がちょっとやわらかめでしたが、ちゃんと包めて、かついつもよりおいしい皮となりました。



点心教室での肉まんの包み方は、いわゆる市販の「あんまん」と同じようにとじ目が下になる包み方をします。生徒さん、とても上手に包んでいましたよ。

こちら、蒸しあがりです。


上手に包めています、とても初めてとは思えない出来栄え☆
途中、具がなくなったのでシュウマイの具を包みました。
見分けつくように、しるしをつけています。

こちら、シュウマイチームのです。


海老が乗ってないシュウマイは、豚肉と蝦の入った具です。海老が乗っているシュウマイは、豚肉と玉ねぎが入った具となっております。
好みは真っ二つにわかれますが、じゅにまいは海老が乗ったシュウマイのほうが好きかな。



ほら、中身はほわほわの豚肉と玉ねぎ、上には海老1匹、贅沢なシュウマイです。
うまっ。

意外とシュウマイを包むのは難しく、じゅにまいも最も不得手な点心です。
少しずつでも練習して、キレイに納得のいくシュウマイをいつか作りたいですね。

今日は生徒さんがMAXの6名ということもあり、賑やかでした~。

皆さんと一緒に、マニアックに点心ばっかり作る土曜日が、今じゅにまいが一番楽しい1日です♪

12月最初の土曜日はちょっと用事があって休みますので、次回は第2土曜日の特別講座&忘年会で皆さんとお会いできることを楽しみにしております!

吉祥寺 上海 焼き小籠包さん

友人の結婚祝いを買いに吉祥寺に行ってきました。

目指すお店があったのですが、その途中で焼き小籠包やさんが3軒もありました!
ブーム? ちょい下火になったかな、でもまだまだ人気の焼き小籠包屋さん☆

その中でも1軒目、一番駅に近いお店が一番美味しく見えて、友人と一緒に食べてみました。

買い物のあとで夕飯を食べる予定でしたので、4個を友人とわけて2個ずつ、食べました。

場所はハモニカ横丁入り口隣です。


赤いお店、目立ちますね。

手前で焼いて、奥で包んでいました。


写真を撮っていたら、店員さんが鍋のふたをとって、撮って撮ってとジェスチャー。



店員さんは、みんな中国の方?に見えましたが、皆さん親切で気持ちよい対応をしてくれました。

で、こちら焼き小籠包 4個で380円。



うん、焼きたて、とっても美味しそう!



ただでさえ猫舌なじゅにまい。中のスープもたっぷりでおいしそうだなぁなんて考えながら
写真を撮りつつ冷ましていたら・・・



ん?なんか液体が飛んだ・・・と思ったら、友人ががぶりと焼き小籠包をかんで、スープをめっちゃ飛ばしてた!!
一瞬、頭の中が真っ白になったぐらい、激しく飛ばしちゃって。。。5秒後ぐらいに、やっと爆笑しながらポケットティッシュを探すことができました。
そして、店員さんもボックスティッシュをもって走ってきてくれて。

しばらく友人と笑い転げてました~漫画かブラウン管の中の世界だったね~いやまじ、日本で本場と同じクオリティの焼き小籠包を食べれると思わなかったわとか言いながらです。

で、落ち着いてから、食べました。

ん、おいしい!
スープたっぷりだし、皮もおいしいですよ。下の焼いたところがガリガリしてて固い焼き小籠包が多いですが、ここのはカリッとしてて。

いやぁ、おいしかったなぁ、そしておもろかったなぁ・・・。

町田のお店が一番有名だけど、遠くてそうそう行けないので・・・私はこのお店で十分かも♪

あぁ、笑ったわ。

【11/20点心教室 午後:ゴマ団子】

午後のクラスはゴマ団子です。

じゅにまいの大好物、ゴマ団子♪
生徒の皆さんにお教えして、じゅにまいが作ったゴマ団子は皆さんの試食用になりますので、すぐに揚げちゃいます。

・・が、じゅにまいの試食にもなるので、もう途中からさっさと作り、揚げて、食べるに夢中で、こんなでいいのか私・・・と後から後悔しますが、だって美味しいんだもん!食べたいんだもん!!

毎回、本能のままに、手が・・・そして口が動くクラスとなります。

今日は、最初にゴマ団子用のゴマ餡を丸めていただくところからスタートです。



ご自身用に6つ作っていただいたら、まずは置いておいて。
基本となるあんこwith白ゴマから作ります。

白ゴマ、びっちり。


これだけびっちりついてたら、揚げているときもゴマは剥がれません。
このコツは・・・クラスで体験いただけます♪

さ、さ、揚げますよ、食べますよ~。


黒ゴマあんwith黒ゴマとともに。
猫舌なじゅにまいは、ちょっと置いてから食べます。

そうこうしている間に、柚子あんwithトラゴマ(白ゴマと黒ゴマMIXです)も揚げあがりました。



ようやく、試食しはじめるじゅにまい。



うぅ、やっぱうめーーーーー!

さらっと食べれちゃうんですよね、こんだけ揚げ物なのに。。。

こちら、ココナッツあんwithココナッツです。これは蒸します。



むっちり、やわやわです。カスタード入れたのもおいしいよ。



ちょっと甘いものが続いたので・・・ちょうどよいタイミングで、ハムスイコーです。


ゴマ団子の皮で、しょっぱい具を包みます。
ラグビーボールのような形ですね。

揚げるともっとラグビーボール!


形がかわいいですね~。
これ、お店でなかなか食べれない点心なので、家で食べれるってすごく贅沢です。

ゴマ団子は、あんこ、ゴマ、柚子、ココナッツの各お味が6コずつで24個のお持ち帰りですが、ハムスイコーは皮を使い切るまでなので、エンドレスです笑。

皆さん、たくさんできましたね!



おうちで上手に揚げて、食べていただけたかな。

【揚げ方について】
特に凍ったゴマ団子を揚げるときは注意です。最初、かなり低い温度から入れて、10分ぐらいじっくり中まで火を通してください。

じゅにまいはいつも、鍋に凍ったゴマ団子を入れて、油をそそいで火をつけています。そのまま中火で7,8分揚げて、残り2,3分は少し火を強めてカラリと揚げています。

あと、これも注意です。黒ゴマのお団子と白ゴマのお団子を一緒に揚げると、揚げ時間が変わります!
当然なのですが・・・黒ゴマの方が早く揚がります。同じタイミングで揚げ終わりたい場合は、白ゴマのお団子だけ先に入れて、2,3分後に黒ゴマのお団子を入れてくださいね。

【11/20点心教室:午前 水餃子】

はい、またもや更新が遅れに遅れてしまっているじゅにまいです。

うぅ、追いついてない。不覚です。。

これじゃ、皆様のご期待を裏切ってばかりですね、心苦しい・・・。

がむばります!


えっと、もう・・・3週間前??え、もう12月??と時の流れにまで追いついていない残念なじゅにまいですが、水餃子のクラスをご報告させていただきますね。

この日は、初めての方もいらっしゃいましたが、皆さんでとてもにぎやかに楽しく水餃子を作りました。
もりもり包んで、もりもり試食して。手も口も休む暇なしです!笑

教室風景です。


具も皮もなくなるまで包みました!

こちらじゅにまい作。


水餃子は、右3つ、左3つひだを入れます。
これは、水餃子はお正月(年越し)に食べられており、ちょうど真ん中が春とすると、片側が冬、秋、夏、もう片側が夏、秋、冬を表し、「行く年 来る年」を表現したからだそうです。

なんと合理的! じゃなくて、ふ~んなるほどな・・・と最初はすごく感激しちゃいました☆

そしてこちらが今日全くはじめての生徒さんの水餃子です。


わかります?右奥から手前に、そして左の列奥からと順に作っていったのですが、上達ぶりが半端ない!
みるみる上手くなって、途中からはもう売り物と同じでしたよ。
すごい!!

・・・一緒に来ていたお友達が嫉妬されておりましたのも、うなずけますね。

作りながら試食していただいたのは、この水餃子を揚げてみたものです。


左手前2つが、生の水餃子をあげたもの。
右側のは、一度蒸した水餃子をあげたものです。

皮の違い、わかります?
食感も違います。生の状態であげたものは、さくっとしてますが、一度蒸してあげたものは、もっちりしています。

この食感の好みは、人によって分かれますね。私は生のまま揚げたさっくりタイプの方が好きかも。

そして特別にこちらも試食させていただけました。


ジャンボ春巻です。
1本を食べやすい大きさに切って食べます。皮はやっぱりパリパリで・・・うまい!

・・・ただ、揚げ油の温度が高かったようで、皮の色がきつめになり、かつ中が凍ったまま。。

もちろんこれで納得しない先生は、この後再度2本揚げなおして食べさせてくれました♪らっき。

今日のランチは、この水餃子とかき玉が入ったスープを召し上がっていただきました。

もちろん、お持ち帰りの水餃子も・・・たっぷりです。
プロフィール

じゅにまい

Author:じゅにまい
東京・名古屋・大阪で、点心教室「まいふぁん」を開催しております。
ご家庭で気軽に作ることができる、本格点心をご紹介します~☆

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ